悲しいご報告。

とてもとても悲しいご報告となってしまいました。

16週目の安定期に入り、悪阻がようやく落ち着いてきたと思った矢先の健診で、赤ちゃんの心拍が止まっている事が確認され、私のお腹の中で小さな命が終わってしまっていました。

2ケ月半かなり苦しい悪阻に一緒に耐えて頑張ってきたのに、こないだまでは元気に動いていたのに、なんで…?と思うと涙が止まりませんでした。...

先月から入退院を繰り返してたので看護婦さんともすっかり顔見知りになり、みなさん一緒に涙を流してくださいました。

染色体異常とのことで、もともと初めから決まっていた寿命だったみたいです。本来ならもっと早くに終わってしまうような命、頑張って生きてくれたんだなと思います。

人工的に陣痛をおこし分娩した日は、子(男の子でした)のお誕生日でもあり、命日でもあります。
一生忘れる事が出来ない日。

この3ケ月の出来事が壮絶すぎて、何が何だかわけがわからないままでした。
何かを考える余裕すらありませんでした。
だけどたくさんの優しさに触れる事ができました。普段気づかない事に気づくことができました。支えてくれた皆さん、ありがとうございました。

体調はだいぶ回復してきました。
落ちてしまった体力と心がついてくるまで一呼吸置いて、すぐまた色々復帰します!
早くお会いできるのを楽しみにしています。待っててね☆
f0148798_09522139.jpeg


[PR]

by atsuko_music | 2018-08-11 09:59 | Comments(0)